Retaining Wall(土止め壁)のその後

で、色々あった、土留め壁のその後ですが、無事に修復されました。

現在は新しいデッキになり(下の写真は少々殺風景ですが)、あれだけ振り回されたデッキがと土留めが、ここまで綺麗になったのかと思うと感激もなおさらです。
New Deck



で、こちらが修復後の土止め壁。

Retaining Wall

Retaining Wall



斜面の上から見下ろして取っており、角度的には45−50度ぐらいの傾斜です。

要はこの斜面が地滑りを起こしていました(悪夢のようなコトの元凶)

所々に見える銀のポールのようなものがTerryが手配してくれた特殊なアンカーボルトで、通常は鉄道や高速道路の、のり面に使われるものらしいです。
将来的にはこの面もデッキで覆って、子供が往き来出来るようにしたいんですけどね、まあまだまだ先の話ですな。

Leave a Reply