ニュージーランドの祝日

ニュージーランドは日本と比べて約半分の10日+1日、計11日しか祝日がありません。

しかも少ない祝日のうちWaitangi Day(建国記念日)とAnzac Day(第一次・二次世界大戦の追悼記念日)は土日に重なっても振替休日とはならないので、かなり損した気分になります。

2009年から2011年まではこの「損した気分」が発生し、2010年にいたってはどちらの記念日も週末でしたので、2日も貴重な祝日が消えてしまいました。

で、最初に述べた10日+1日、このプラス一日の意味はそれぞれの都市・地方の入植記念日で、首都のウエリントンは先週、オークランドは明日、クライストチャーチは11月という感じで都市によって祝日が違います。

同じ国で祝日が違うって混乱がないのかとこちらに来た頃は不思議でしたが、慣れてしまえば大したことはないです。

日本の半分の11日しか祝日無いですが、こちらのほとんどの人は有給(だいたい20日/年)みんな毎年使い切りますからね、電話やメールで連絡取っても「来月まで休みです」ってこと、しょっちゅうあるんですよ。

ですので、地方によって1日ぐらい祝日がずれていても、どーーって事無いわけですね。(でも日本だと難しいんだろうなぁ・・・)

という事で、オークランドは明日も休日です。

Leave a Reply