ニュージーランドの大衆薬パナドール 2

嫁さんから指摘ありましたので、パナドールの効能を追記しておきます。

事例6)
陣痛がはじまった際に投与される痛み止めがパナドールだったそうです。
無痛分娩を希望している人はエピュドラルというのを背中に注射されるそうですが、自然分娩の人はパナドールでしのぐそうです。

事例7)
帝王切開後の傷口痛み止めがパナドールだったそうです。
痛み止めの段階として、パナドール>ボルタレン>モルヒネだったそうです。
さすがにモルヒネはよく効いていましたが、もらう時に色々サインさせられてました。

うーん、さらに奥が深いパナドール。

またさらにいろんな効能出てくるんだろうなぁ。

Leave a Reply